Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

英語お勉強日記

英語の勉強の記憶の為の個人メモ帳

文法

it, that, this の使い分け

it = ニュートラル that = 距離を置いて客観的に語るとき this = 身を乗り出すような感じで、主観的に、しかもプラス材料を並べて行くようなとき

感情表現のshould

よく分からないがメモとして ロイヤルより 1 )話者の判断話し手が頭の中で判断して考えを述べる場合に用いるやや改まった言い方 。事実をそのまま述べるのであれば should は必要なく ,直説法で言えばよい 。形容詞は necessary, important, good などが多…

be of

「be of」 ofの後ろには、性質・状態を表す抽象名詞を置くと形容詞とおなじ働きなる 「A is of B」で、AはBの性質を持つ(Bに属しているA) be of use = useful be of value = valuable be of importance = important be of interest = interesting be of no…