Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

英語お勉強日記

英語の勉強の記憶の為の個人メモ帳

英語リーディング教本で勉強17

§48 過去分詞の4つの可能性(2)

1. 受身 (be+p.p.)

2. 完了 (have+p.p. または be+p.p.)

3. 過去分詞形容詞用法 (単独で出る)

4. 分詞構文(単独で出る)

裸の過去分詞は形容詞または副詞の働きをする

 

§49 裸の過去分詞

(1)「have+自動詞の過去分詞」からhaveを取った場合 (必ず完了の意味)

①の過去分詞を裸で使えるのは原則往来、発着を表わす動詞 go, come, arrive, return などと happen, fall, retire などに限る

②の過去分詞を裸で使えるのは become, turn に限る

例) The soldiers have returned from the battlefield

◯The soldiers returned from the battlefield ....

(2)「have+他動詞の過去分詞」からhaveを取る形は英語としてはありえない

例) The villagers have begun a new business. 

✖️The villagers begun a new business ....

(3) 「be+他動詞の過去分詞」(受身形)からhaveを取った場合 

例) The baby was named John by them. 

◯ The baby named John by them ...,

 

まとめ

1. 裸の過去分詞は必ず準動詞で形容詞または副詞の働きをし、動詞形は ①、②、−③、−④、−⑤

2. 自動詞の過去分詞を裸で使った場合は完了の意味

3. 他動詞の過去分詞を裸で使った場合は受身の意味

上記の枠組みを外れないように読むこと