Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

英語お勉強日記

英語の勉強の記憶の為の個人メモ帳

英語リーディング教本で勉強21

§53 意味上の主語
準動詞によって表される状態、動作の主体を表わす名詞→「意味上の主語」
(1) 意味上の主語になる名詞が主語、動詞の目的語、前置詞の目的語、補語
He is a young man newly come to our town.
(2)上記以外

不定詞は直前に「for+名詞」を置く

, it is necessary for two people to use the same words with the same meanings. 

動名詞は直前に「所有格の名詞・代名詞または目的格の名詞・代名詞」を置く

I can vouch for his having been (=完了動名詞) there. 

現在分詞・過去分詞は直前に「主格の名詞・代名詞」を置く

There is a danger of our respect for it becoming mere lip service. 

(3)意味上の主語になる名詞が文中にない場合

Studying English is no easy task. 

Studyingの意味上の主語は一般の人で文中に明示されていない